新作の絵を2枚ご購入頂きました!

新作をアップしてから2日足らず!
お引き取り頂いたおふたり有難うございますm(_ _)m

また詳しくお礼を描きます。

大感謝\(^o^)/

アーティストとしての「誠実さ」とは?

「魅恋斗」としてネット上で活動をするにあたり、自分自身にひとつだけ誓っていることがあります。それは【絶対に無理をしないこと】です。

よく寝る。
よく食べる。
まあまあよく働く。
一般的な感覚の普通の人生を生きる。
自分の変人な一面は創作へと昇華させる。
よく笑う。
よく描く。
よく妄想する。
芸術全般を愛する心をいつも持つ。
とにかく自然体で生きる。
これが私の芸術家としての自分の理想像だからです。そして、それはリアルの社会でも同じ。【絶対に無理はしません】。

活動を始めてから、私は出来るだけ「有言実行」を目指しています。やむなく出来ない場合は代替え案を差し替えるようにしていて「理由」を記すようにもしています。自分自身が頑固者で納得しないからです!!!(# ゚Д゚){ゴルァ

まずは感情よりも【理論】です。多分私は男脳なのです。笑。

…いえ、「感情を何よりも大事にしたいからこそ、まずは理論」と言っておきます。

詩人と画家として進むにはまず描くこと、続けることが大切です。
とにかく描かないことには「絵描き」ではなくなってしまいます。でも、時間は有限です。

社会人の画家さん達も多くいらっしゃるのでお解りかと思いますが「日々集中して創作に費やせるのは2時間そこそこ(みたいな説が多い)」ですね。あとは週末やら時間を見てやるしかありません。
どうやらプロ、アマチュア関係なく、創作時間の問題は生涯付きまとうようです(´;ω;`)

描き続けるには一度や二度がどうの、ではなく、日々のエネルギーが必要です!
私は「できないことはやらない(無理のある活動はしない)」と本当にガッチリと、はっきりと決めています。
それが「アーティストとして生きていきたいと願うみこととしての誠実さ」だからです。

できないことを簡単に「できます」なんて言ったら不誠実になってはしまわないでしょうか?
無理な活動は結果として不誠実に繋がると思います。だから無理はしないです。
こんな時代ですから、中身も内容も直ぐにバレます。剥がれます。
「あいつはウソツキだ」とか「あいつは信用ならない」なんて、直ぐです。
ネットもリアルも一緒です。

続けるうちにメンタル、作風共々進化をしていきたい。そして何よりも無理なく活動を続けていきたい。それが絵を手にしてくださった方々への一番のお返しになると信じています。
リアルでもネットでも、基本的には自分の気持ちには嘘はつきません。本当に直ぐに偽る気持ちはバレてしまいますからね。
そして言葉よりも早く、きっと作風や活動状況に出ます。
アーティストは正直で在りたい。

みことが、このブログサイト(魅恋斗のお絵描きポエマー的メンタルオーダー)を作ったのも、自分の気持ちを正直に記していくためです。
いずれは本に纏めるつもりでおります。

私は割と「変えること」が嫌いです。
趣味も、生き方も、言ったことも一貫していたいです。それが職人の道だと信じております。
みことが変えるときは「理屈、理論に心から納得したとき」です。多分他の人よりも、凄く理由を欲しがります。
理由がなければ感情も定まらない、と感じるからです。

例えば「愛する人を何故こんなに愛おしく思うのか?」それにも明確な理由がありますよね?
「よく解らないけどこうかも」「感覚が合うから」「価値観が合うから」「言葉にはできないけどなんとなく」その全てが実は理由です。
この広い地球上でその人ではないとダメな理由。その人を選んだ理由。
そのたった一人の人を好きな理由。
それはこの世で最も尊い理由です。
その理由は、この世で最も尊い感情をもたらします。
心も体も頭も精神も全部は理由と役割を持っています。それによって人間は生かされています。
みことはそう考えます。
それを【Peace Magic Drawing(平和魔法の描画)】と名付けました。

至らない点は多々あり、言いたいことは言ってしまうことがありますが、それは不誠実ではいたくないからです。
詩人として、自分の言葉は貫きたいと思います。

頑固者ですが、自分なりの「唯一無二の芸術家」をこれからも目指します。
先ずはネット上でやれることを全てやってみたいと思っています(๑•̀ㅂ•́)و✧そして何よりも楽しく活動をして、みことの活動内容や創作を楽しんで頂きたい。

宜しくお願い申し上げます。

SHOWROOMイベント有難うございました!

「目標70万pt達成」!!!
200ルーム中7ルームに入ることが出来ました。またひとつ奇跡を頂いた気分です。

お化粧ノリが悪い瞬間を激写!(笑)

そして、またひとつ絵をお引き取り頂きました。

↑こちらは、昔飼っていたゴールデンレトリバーを…ということでオーダーを頂いたのですがめちゃめちゃ喜んで頂き、本当に光栄です。【大切な思い出をオーダーとして形にする】ということは、こんなにも嬉しいことなんだな、と再認識しました。

やっぱり【絵を描く】ということは【思い出や想いの共有】であると私は思います。
無名の私が突然絵を描き始めてから2年と少しが経ちましたが、リアルのお知り合いも含めると60枚もの絵をお引き取り頂きました。

みことは、自分に無理のある活動はしません。できないな、と思うことはしません。(公募はチャレンジなので出すこと、描くことに重点を置いて別として)
地に足をつけて、現在の自分が描きながら、絵を売りながら成長を重ねるために。

①絵の販売枚数100枚を目指す
②形にできるものは全て本にする
③無理のない活動=ネット上での活動なので、SHOWROOMやSNSを通じて気持ちのやりとりを心掛ける

これを基本にやっていきたいです。
やはり、長く活動をやろうとすると、無駄にバカ正直な私の場合、気持ちに無理はできません。インターネットは昔からとても好きなので(なんというか元々がオタク気質のため)これならやれる!ということは全て、楽しみながらやっていきたい。そして「面白いな!」と思ってもらいたいです。

値段にかかわらず、絵はそんなに売れるものではないこと、解っています。
一枚の絵が売れる価値はどれだけ高いのか、それも解っているつもりです。
そして、一枚の絵を、一冊の詩集を「買ってもらった人の気持ち」に寄り添えるように。
そんな詩人と画家でいたいです。

言葉で伝えることの大切さと難しさ。

創作活動を始めてから「私は何故こんなこと(初めての絵描き、詩人として復活、思いもよらずの配信)を始めたのだろう?」と考えることが多々あります。

こうしてブログに想いを書くことも活動のひとつです。
このブログが良いものに育ったら、いずれはこのブログから本格的に絵を購入してもらえるようにしたり、もう少しコンテンツを充実させたりと、色々と考えています。
でも、時折更新するこのブログにはまだ魅力が足りません。

毎日SHOWROOMにて配信をしていなければ(または配信を月一などにしたら)、私はブログメインで活動をしていくと思います。が、結局は配信で「口で喋るほうが早い」のです。
でも、こうしてブログで記しておけば、いつでも私の言葉の温度や感情を読み返してもらうことができます。

私が「本が書きたいな」と思ったとき。
感じたことはそれでした。
「読んでもらう人の人生の時間に合わせて、私の言葉の温度や感情が伝わればいい。何か感じてもらえたら最高だ」と。
↑中高生のとき以来、眠っていたアコースティックギターにペイントをしてみたくなりました。そして弾き語りをしてみたくなりました。2年先ぐらいを目処に、SHOWROOMでやってみようと思い立ちました。

毎日の配信では「感情を伝える練習」と「みことの好きなものを知ってもらって世界観を伝える」、「みことのイメージを固める」にチャレンジしています。

日本語はこの国の誰もが喋ります。幼い頃から絵も作文も描きますよね。それなのに、いや、それだから、言葉は難しいのです。
人間は言葉で生きもするし死にもします。運命だって左右されますね。
だからこそ大切にしたいですが、大切にするあまり堅苦しいのも私の性には合いません。ので、やはり自分らしさを忘れず!
創作活動をしていきたいと思います。

そして…このブログが育ったときは。
ブログ本的なものを出してみたいなーとも。
現代は無料で本が作れますからね。
ひとつ、詩をつけた画集を作ること。
ふたつ、みことの生き方や考え方を纏めた本をいつか作ること。
これも目標です。

詩人と画家として生きることは、メンタル面でも進んでいかなくてはいけないと思います。だからこのブログ名を「メンタルオーダー」としました。

自分らしさを忘れず活動頑張ります♪
SHOWROOM、SNSでの日々の応援有難うございますm(_ _)m

オーダー【太陽と女神】が完成しました!

6月頃からお待ち頂いていたオーダーの絵が完成しました!

【天照大神】をテーマに。

今まで私は「感覚で描く」というものをあまりしてきた経験がなかったので、ご依頼主の方に言葉を掛けて頂いたときに「もっとスケールを大きく描きたい!」と思ったのです。

こちらが完成する前の段階の絵。
頭で考えすぎて描いてしまっています↓

「命」という文字を入れたい!と思って描いたのですが…見た感じ、迫力に欠ける気がします。そして、オーダーの内容の「太陽の感じ」がないですね。

「太陽のほつれを繕う=母性」みたいな感じで描きました。ヒールを履いている足元は「強さ、たくましさ」を表現しています。

そして、現在再びSOLD OUT!

◆アートメーター

この先、冬〜春夏にかけて、ストックを描き溜めようと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧

10/20〜11/10までは久々のSHOWROOMイベント!

50万pt、できれば70万pt目標で頑張ろうと思います!応援宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

このブログへのアクセスが安定してきました♡

更新にムラがあり不定期にもかかわらず、読んでくださっている方々、有難うございますm(_ _)m

みことは元々、ネット上に書く日記やブログなどが昔から好きなほうでした。一番嬉しかったのはやはり「みことさんの日記を読んで明日からリストカットやめます」的な報告と、私への想いをガーッと書いてくれての日記への感想などです。

↑現在は日々SHOWROOMの配信をしているので「リアルタイムの声」を使っての発信もしています。人生って面白いな、想定外だな、とも。

前々から書いておりますが、やはり詩人とは「誰よりも正直な生き物」だと思います。無意識に、生き方や考え方が言葉に反映されてしまいます。絵を描くようになってからは、益々「あー自分って正直にしか生きられないんだ!」とも実感する羽目になりました(๑•̀ㅂ•́)و✧笑。

「詩のような絵、絵のような詩」。言い換えると、みことが目指す芸術家像とは「詩人のような画家、画家のような詩人」ということですね。つまりは「心に届く感覚と感性で、圧倒的な表現力を持った芸術家」を目指したいのです。

やはり、私は芸術とは「心の表現」だと信じています。

「生きている間に、生きている現在の心の表現を創作に詰め込むこと」であり、それはいつまでも時を越えて創作の中で生き続けること、だとも感じます。

創作活動をする際には、こうしてブログや配信などで「想いの補足」をするべきかな、とも実感をしていて、「配信はリアルタイムの気持ちやコミュニケーション」、「ブログとはいつでも読み返せる心のコミュニケーション」とも思います。

ブログだって相互コミュニケーション、ですよね?私は一方的に記している訳ではなく「話している」と仮定してブログを書いています。

だから創作活動も、SNSも続いている気がしています。

これからも「正直な相互コミュニケーション」を目指して♪

思いついたときに、気持ちを込めて。みことはこれからもブログを書きますね。φ(..)

嬉しすぎるご報告を頂きました♡

なんと……

みことの絵を現役でご活躍中のメイドさんへプレゼントして頂きましたーー!!!

お顔は隠させて頂きましたが、めっっちゃ可愛いメイドさんで…勿論みことは「ゴシックメルヘンワールド」を描く詩人と画家。ちょう好みです。というわけで、絵のご依頼主様とも好みが合います。

なんと、ケーーーキも!!!!

私の絵をプリントしてくださりました。

感無量。

感&動でございます。

言葉にならないほど嬉しいので…また後でまとめます。

有難うございました。

初体験。サクラクレパスさんの賞へ来月応募してみます。

昨夜完成しました!

こちらの2枚を来月初めて応募してみます。

↑どちらも「日本と雨」がテーマで傘が描いてあります。メンタルテーマは少し違いますが。

今までどこかに応募してみようと思ったことはありませんでした。

でも、絵を手に取ってもらうことなんと2年半で52枚。(身内を含めれば60枚越えます)

そのうちに「肩書きがあったらもっとカッコイイ画家になれるかも!」と自然と思えるようになっていました。

不思議ですね。

そして、現在絵が完売御礼!なので、今年の秋〜来年の春夏まではひたすらに創作期間とSHOWROOM。

今後もみことは頑張ります(๑•̀ㅂ•́)و✧

「心が伝わる詩人の絵、画家の詩」を目指します。

詩人=「ポエマー」は偽りかどうか?

Twitterでとても面白い方を見つけました!

【「ポエマー」というのは造語であり「ポエット」というのが本来の正しい使い方、というのを周知させたい】というアカウントです。

実は私もそれは常々思っていて「自分だけの肩書きを示す言葉を作ろう!」と思ったときに【お絵描きポエマー】にしようか【お絵描きポエット】にしようか悩みました。笑。

私が「お絵描きポエマー、みことです!」と言っている理由は

◆「お絵描きポエマー」という言葉は日本では私以外に使っていない(検索で一番上に出る)

◆「ポエット」だと日本人には馴染みがない

という理由からです。

Instagramでは海外の方が多いので「Poet」と表記したり「Japanese poet←使い方は合っているかちょっと不明」と書いて交流をしたりしています。

宮沢賢治さんも「ポエムという響きを嫌った」という説もあると何処かで見た気がします。宮沢賢治さんの詩集、私も以前持っていましたが(部屋で紛失。笑)自らの詩集のことを「心象表現」みたいに呼んでいますね。

そう。詩とは。「心の中をそのまま表現すること」なのです。

私も少し前までは「ポエムって響きはダサくて嫌だな…」と思っておりました。だから「抽象表現的現実文章」みたいなことを言っていましたが、やはり年齢が増してくると「変にこだわることのほうがダサいかも!」と考えるようになり「ポエマーってなんか楽しい響きじゃん」となり…【お絵描きポエマー】となったのです。

私も本当の意味での詩人になってみたいものです。

【絵のような詩、詩のような絵】。これが私の目指すものです。つまりはぱっと見て「感覚で感じてほしい私の心」みたいな感じです。

やはり「何故人間には芸術作品が必要か?」と考えてみると「心の問題」なのですよね。

目で視ているけれど、結局は「心の眼」を使って、もしくは身体全体で芸術作品を感じて視ているのです。みことはそう思っています。

私も今後もお絵描きポエマーとして「心に響くもの」を目指して創作活動頑張ります(๑•̀ㅂ•́)و✧

※そして、もし「魅恋斗(みこと)」の名前を忘れても「お絵描きポエマー」という用語は忘れないでいてもらえるように…という想いを込めての名称です。結局は私に繋がるので。この先、何年か何十年かかけて「お絵描きポエマー」という名称も広まったら良いなと思っています♡

世の中への怨みから詩と絵を描いているみこと。ダークサイドのお話。

絵を描くには幸せな気持ちだけでは成り立たない、と思っています。「心を伝える可愛いみことワールド」は勿論そうです。

しかし、ダークサイドがない人なんてこの世にはいないし、良い心だけで生きていたら傷つきすぎてやっていけない世の中ですね。

純粋な人ほどどこまでも損をする、嫌な世の中\(^o^)/です。

みこととしては「この世には誰も望んで生まれてきた訳じゃない。でも生まれたからには平等に死ななくてはならない。なんて皮肉めいているんだ!」と考えています。

明るいものだけ摂って生きていたらあたまがくるってしまうのでは?とも思います。「善悪の判断がつかない」からです。

オーダーなどはミラクルハッピーな気持ちで描かせて頂いておりますが、メルヘンとダークは表裏一体。と考えています。

だからカラフルもモノクロもそうだ、と思っています。

私には「日本人は執念深い」イメージがあり、それが武士道や礼儀などと通じていると感じます。

気持ちの表現をどこまで掘り下げられるか、が私の課題です。

私の創作物を視てくださる人の感覚と感性を揺さぶることができるのか。

心の表現としてダークサイドとメルヘンサイドと両方で描いていけたらと思うのと「日の丸」や「着物」など、または連想させる感じのテイストで「この絵は日本人が描いているんだな」と解るような独自の描き方を目指してまいります。

頑張るぞ\(^o^)/なみことでした。