みことが「笑わぬ病」にかかっていた話。※一つ前の記事の追記です。

Instagramから一部転載します。

ちょっと写メがブレましたが。笑。
私、今日もまた「何故自分がバイト先でミスをしたか?」「自分らしくなかったか?」をしつこく考えたんです。(無駄なマニア)

そしたら私、この一ヶ月「現実世界ではほとんど笑っていなかった」んですね!

創作活動はいつも楽しすぎてSHOWROOMでも芸術についてお話したりする一方で、現実世界では敢えて心を閉ざしていたんです。

だって「私が黙っていれば周りの人は優しい」から。「創作活動では超絶ワガママで周りからも認めてもらったり支えてもらったりばかりだから、せめてアルバイト先では周囲に合わせよう!」と思ったんです。

…それが全くうまくいきませんでした。合わせるどころかいつもは何ともないのに多大なる迷惑をかけました。ブログにも書いたのですが、周りに気を遣って萎縮するときの私はまるでどらえもんののびたみたい。

その反動でネット上では奇抜なんですね\(^o^)/しかし本当に、人間って笑わないとダメになります!
顔の筋肉も約一ヶ月ぶりに動かしてみたらまさかの元気が違う。身体の風邪だと思っていたら心の風邪!?みたいな感じすらします。笑。

そうだった。私が描きたいキャラクターは「表情が可愛い心から愛されるようなキュートなキャラクターだった!」とも改めて思い出したんです。
無表情になると人間は生きる屍です。しかも自分では気づきませんでした(´・ω・`)

なんか変だぞ変だぞ、みたいな。完全に仕事中死んでたんですね!(*_*)笑
ミスをしたとき「ばしちゃん(みこと)はたくさん食べて笑ってるのが良いよ!」と言ってくださった方の意味が身に沁みました。

何だか今回の違和感は変だなー創作活動はめっちゃ楽しいし周りも優しいのに何かが…みたいな感じだったので。
で、私も結構多分小さなことに日々感性が傷ついてて、芸術家じみてきたかな?なんて思いました!笑笑笑。

人になんて思われようと、時には笑われようとも!元気に仕事して、更に元気増しで創作活動するぞ!とも思いました。きっと、それが真の芸術家の姿です。

笑うことって大切です。

心の平和魔法が作動しなくなっていました。私の描いた魔法使いも、何だか今は満足げな顔にみえます。笑。

なんだか、大切なことを忘れていたみことです。

詩人として、画家として。

萎縮すること、悩むこと、泣きたいこと、辛いこと。

たくさんたーくさんあります!

生身の人間ですから。

だけど私が心を閉ざしてしまったら「Peace Magic Drawing(心の平和魔法)」は作動させられない。

そして、私を応援してくださる方や支えてくださる方々にも夢や芸術を語れない!!!

最近はSHOWROOMのリスナーさんや絵をお引き取り頂いている皆さんのほうから「芸術の神さまはみことちゃんの近くにいるよ」「みことちゃんの魔法使いに出逢えて良かった」的な内容のことを言って頂けたりして感動しているのですが。

本当に有難うございます(´;ω;`)♡創作活動、感激の日々です。

笑顔を忘れず、感謝も堅実さも忘れず、芸術の心を忘れずに慈しみ、皆さんに日々キャラクターを目にして育ててもらいながら「唯一無二の芸術家」を目指します。

笑われても傷ついても良い。

きっと芸術家とはそういう生き物です!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*