詩人=「ポエマー」は偽りかどうか?

Twitterでとても面白い方を見つけました!

【「ポエマー」というのは造語であり「ポエット」というのが本来の正しい使い方、というのを周知させたい】というアカウントです。

実は私もそれは常々思っていて「自分だけの肩書きを示す言葉を作ろう!」と思ったときに【お絵描きポエマー】にしようか【お絵描きポエット】にしようか悩みました。笑。

私が「お絵描きポエマー、みことです!」と言っている理由は

◆「お絵描きポエマー」という言葉は日本では私以外に使っていない(検索で一番上に出る)

◆「ポエット」だと日本人には馴染みがない

という理由からです。

Instagramでは海外の方が多いので「Poet」と表記したり「Japanese poet←使い方は合っているかちょっと不明」と書いて交流をしたりしています。

宮沢賢治さんも「ポエムという響きを嫌った」という説もあると何処かで見た気がします。宮沢賢治さんの詩集、私も以前持っていましたが(部屋で紛失。笑)自らの詩集のことを「心象表現」みたいに呼んでいますね。

そう。詩とは。「心の中をそのまま表現すること」なのです。

私も少し前までは「ポエムって響きはダサくて嫌だな…」と思っておりました。だから「抽象表現的現実文章」みたいなことを言っていましたが、やはり年齢が増してくると「変にこだわることのほうがダサいかも!」と考えるようになり「ポエマーってなんか楽しい響きじゃん」となり…【お絵描きポエマー】となったのです。

私も本当の意味での詩人になってみたいものです。

【絵のような詩、詩のような絵】。これが私の目指すものです。つまりはぱっと見て「感覚で感じてほしい私の心」みたいな感じです。

やはり「何故人間には芸術作品が必要か?」と考えてみると「心の問題」なのですよね。

目で視ているけれど、結局は「心の眼」を使って、もしくは身体全体で芸術作品を感じて視ているのです。みことはそう思っています。

私も今後もお絵描きポエマーとして「心に響くもの」を目指して創作活動頑張ります(๑•̀ㅂ•́)و✧

※そして、もし「魅恋斗(みこと)」の名前を忘れても「お絵描きポエマー」という用語は忘れないでいてもらえるように…という想いを込めての名称です。結局は私に繋がるので。この先、何年か何十年かかけて「お絵描きポエマー」という名称も広まったら良いなと思っています♡

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*