自分の入選作の展示を見に行ってきました。

国立新美術館へ、自分の入選作が飾られているのか半信半疑で行ってまいりました!

国立新美術館、初体験。

乃木坂駅に着くと乃木坂46さんの「インフルエンサー」が無駄に脳内を巡ります。笑

ドキドキしながら中に進むと……

……ありました(゚∀゚)!

……しかし。

やはり思ったよりも絵の世界は奥深く、もっと勉強、鍛錬と研究をせねば…と思いました。

正直、アートサロン絵画大賞展は入選作が多く、ラッキーもあるし優しいな〜と考えていました。しかし、入選作品を目にすると…「どうしてこの絵、入賞じゃないのかな!?」と腰を抜かすものばかり。素晴らしい画家さん達の絵に圧倒されてまいりました。
思ったよりも数段ハイレベルでございました。その中に混ぜて頂き、恐縮でもあり、弱気にもなりました。笑。

私は絵を売り始めてから2年半。ガムシャラに走り続け、描き続けてお引き取り枚数はもうすぐ60枚を迎えますm(_ _)m

↓こちらの絵をお引き取り頂いた方、有難うございます♪

私は絵の描き方を知らないまま「どうしても表現したい」「詩だけでは伝わらない感情を絵に描きたい」という想いのみで画家をしてきました。

私は元々マイナス思考な人間です。
新聞に載ったら有頂天になるかも♪♪♪…と思っていたけれど、そんなことはなく…やはり私は30代なのだなと痛感いたしました(゚∀゚)←笑

10代20代の頃はもう少し有頂天になったり、気持ちがうわついたりしましたが…現在は「実力をつけて本当に良いもの、自分だけの世界観が描きたい」だとか「良ければ良い、悪ければ悪いで改良あるのみ」と思っています。

元々私の詩人としてのコンセプトは「抽象的なものの中にあるリアルを追求すること」であり、画家としての一番のリアル=入選以上を続けること、結果を出すこと、だと思います。

今回は運良く(または優しい評価で)一作は入選させて頂きましたが、これから先、全てが落選することも多数あるでしょう。そして、つまづきながら作風を固めていくと思います。

しかし。
また何度も国立新美術館へ自分の展示を見に行けるよう、今年も来年も公募展入選以上を目指して頑張ろう!と新たに思いました(๑•̀ㅂ•́)و✧

そして、今回の入選作品ともう一つの落選作品が返却されたら、初めて高額での画家としての絵の販売も始めます。新たなチャレンジです。
アートメーターで販売している価格は当面は変えません。
お得な絵、価値のある高額な絵、両方が均等に売れる画家になりたいです。公募展の入選以上をすることと、低価格と高額な絵の両方が均等に沢山売れるようになること。これが私の夢です!

今後も頑張ってまいりますので、みことの活動を宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

日頃の応援、本当に本当〜に感謝です!

もっと「この人の世界観、好き!」と思ってもらえる詩人と画家を目指していきます。

オーダー品は「思い出作りを共に」がモットーです。オーダーではなくとも、私の絵が、プラスの感覚と感情を込めた大切な思い出と現在の一部になりますように。

詩人と画家として、そう願っています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*