小説を書き始めました♪

私が画家活動を始めてからやってみたかったことがありました。それは「バンドの小説を書くこと」。女の子のキャラクターの作風は決まってきてはいるものの、男の子のキャラクターはまだ殆ど(オーダー作品やメインの魔法使い以外では)描いたことがありませんでした。

↑私が「ヒカリトヤミ」という架空のバンドを作り、メンバーを作り、いずれはこの子達の絵を描きたい!と思っています。こちら⬇で連載を始めました♪

「Visual days!!〜ヒカリトヤミの絶望と希望〜」 https://www.alphapolis.co.jp/novel/190671853/127318752

正直、私の文章力は「小説」とは呼べるレベルではありません。悪い意味での「ケータイ小説」です。昔から、最も揉める芸術分野は小説だということは自覚をしております。「文体が」とか「ストーリー展開が」とか「漢字が」とか、周りも文学を目指す方々は色々と言われてきたところを見てまいりました。笑。

私は「詩人」であり、詩の方面の感情表現は一定のラインが解らなくもないです。しかし小説はド素人なので解りません。語彙もありません。だけど「親近感を持ってもらえるストーリーのある自分のキャラクター達を作ってみたい」のです。

ギターと小説書きは向いていないのは承知の上でやっております。絵は、これから向いているのかどうかを実力と照らし合わせ、石橋を叩きながら確認と精進していきたいところ。得意でない、向いていないものを「得意です」とは言えませんし…。笑。でも!「小説は文体にこだわりすぎると3行で終わってしまって続かない」ことだけは知っています。なので、文章力は滅茶苦茶ですが「楽しいことがしたい」とい想いでやっていきますので、みことのキャラクターをアート、小説共々可愛がってもらえたらな、と思います♡

芸術には貪欲に、やれることにはチャレンジしたい!と思っています。アートと詩のために、です。そこはブレないよう、今後もやっていきたいと思います。今後もみことワールドを宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*