みこと、心を語る

このブログへのアクセスが安定してきました♡

更新にムラがあり不定期にもかかわらず、読んでくださっている方々、有難うございますm(_ _)m

みことは元々、ネット上に書く日記やブログなどが昔から好きなほうでした。一番嬉しかったのはやはり「みことさんの日記を読んで明日からリストカットやめます」的な報告と、私への想いをガーッと書いてくれての日記への感想などです。

↑現在は日々SHOWROOMの配信をしているので「リアルタイムの声」を使っての発信もしています。人生って面白いな、想定外だな、とも。

前々から書いておりますが、やはり詩人とは「誰よりも正直な生き物」だと思います。無意識に、生き方や考え方が言葉に反映されてしまいます。絵を描くようになってからは、益々「あー自分って正直にしか生きられないんだ!」とも実感する羽目になりました(๑•̀ㅂ•́)و✧笑。

「詩のような絵、絵のような詩」。言い換えると、みことが目指す芸術家像とは「詩人のような画家、画家のような詩人」ということですね。つまりは「心に届く感覚と感性で、圧倒的な表現力を持った芸術家」を目指したいのです。

やはり、私は芸術とは「心の表現」だと信じています。

「生きている間に、生きている現在の心の表現を創作に詰め込むこと」であり、それはいつまでも時を越えて創作の中で生き続けること、だとも感じます。

創作活動をする際には、こうしてブログや配信などで「想いの補足」をするべきかな、とも実感をしていて、「配信はリアルタイムの気持ちやコミュニケーション」、「ブログとはいつでも読み返せる心のコミュニケーション」とも思います。

ブログだって相互コミュニケーション、ですよね?私は一方的に記している訳ではなく「話している」と仮定してブログを書いています。

だから創作活動も、SNSも続いている気がしています。

これからも「正直な相互コミュニケーション」を目指して♪

思いついたときに、気持ちを込めて。みことはこれからもブログを書きますね。φ(..)

世の中への怨みから詩と絵を描いているみこと。ダークサイドのお話。

絵を描くには幸せな気持ちだけでは成り立たない、と思っています。「心を伝える可愛いみことワールド」は勿論そうです。

しかし、ダークサイドがない人なんてこの世にはいないし、良い心だけで生きていたら傷つきすぎてやっていけない世の中ですね。

純粋な人ほどどこまでも損をする、嫌な世の中\(^o^)/です。

みこととしては「この世には誰も望んで生まれてきた訳じゃない。でも生まれたからには平等に死ななくてはならない。なんて皮肉めいているんだ!」と考えています。

明るいものだけ摂って生きていたらあたまがくるってしまうのでは?とも思います。「善悪の判断がつかない」からです。

オーダーなどはミラクルハッピーな気持ちで描かせて頂いておりますが、メルヘンとダークは表裏一体。と考えています。

だからカラフルもモノクロもそうだ、と思っています。

私には「日本人は執念深い」イメージがあり、それが武士道や礼儀などと通じていると感じます。

気持ちの表現をどこまで掘り下げられるか、が私の課題です。

私の創作物を視てくださる人の感覚と感性を揺さぶることができるのか。

心の表現としてダークサイドとメルヘンサイドと両方で描いていけたらと思うのと「日の丸」や「着物」など、または連想させる感じのテイストで「この絵は日本人が描いているんだな」と解るような独自の描き方を目指してまいります。

頑張るぞ\(^o^)/なみことでした。

ミーヤちゃん追悼。

ピロさんの飼い猫ちゃん、ミーヤちゃんが永眠したとのご報告を頂きました。

↑たくさん描かせて頂きました。

これからも描かせて頂きたいと思います。

ミーヤちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

(うちのらびたもいつかは…。涙)

画家はビジネスか?アーティストか?その選択。

「アーティスト=結局ビジネス。それは当然!」その考えはとても解ります。世の中お金なしでは生きていけません。ものづくり=お金と直接関わる。キレイゴトだけではないです。

それでも

「みことは世界観を追求するアーティストでいたい」

これが本音です。

「お金を一円でも出してもらったらプロだよ!」という考え方があります。しかし、私は「それは当然そうだし解るけど、私にはちょっと構えすぎな考え方かなぁ?」と思ってしまう一面があります。

「意気投合して楽しくゴハンを食べたら、お金を払ってでも【次またもう一軒行こうよ!】となること、ありますよね?そんな感じが理想です」。私的にはそんな考え方で活動しています。

私の創作活動は【楽しさありき】です。【ビジネス】【副業】と言い切ってしまうと、社会的には良い分、アーティストとしては相当に魅力が薄れてしまいます。

せどりなど、元々既製品を転売している訳ではありません。アーティストは【価値をつくる】のがお仕事です。【その価値をつくるお仕事を価値ある芸術へと昇華させること】もアーティストの役目だと捉えています。

【アーティスト=芸術を追求する者】であり【基本的には自分勝手な生き物だから】です。

【誰も思いつかないものを創造する】【性別、年代、人種などの垣根なく日本のアピールをしていく】ことも、芸術家の役目だと思っています。

マイナーでも海外の方と接することが多々あります。近頃は外国のアーティストさんとSNS上での交流もあります。

【私自身はマイナーでちっぽけでも、もし私の創作物を見てくれた海外の画家さんが影響を受けて日本が好きになってくれたら。日本のアピールを世界に向けてしてくれたら】とも考えています。

SHOWROOMのイベントも現在【100万ptを獲得する!】という目標でやっていますが、私は【ポイントだけください!】とは言えません。

やはり折角配信をしているので【楽しんでもらいたい】【納得して応援してもらいたい】気持ちがとても強いです。

やはり【その道のカリスマ(言い方が大袈裟ですが)になるには言い切ること、解りやすく単純に、ストレートな言葉を正直に伝えること】だと私は考えています。

【みことさんはきっとこういうときにこういうことを考えて、言うんだろうな〜】まで想像してもらえるようになる。親近感を持ってもらって、見てもらう方と友人的な心の繋がりを持つ。

そういうことができたなら、アーティストとしての魅力が増していく、と思うからです。

極端に、奇抜に、そして心はシンプルに。

これが目標です。

【心を癒す平和魔法】を描き続け、【唯一無二の芸術家になる】という夢を心に留めて頑張っていきたいと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧

これからもみことの応援宜しくお願いしますm(_ _)m

グッズ、じわじわと売れております♡

グッズを売り始めてから少しの時間が経過しました!

pixivFactoryさんで作り「BOOTH」という場所で連携してオンデマンド販売をしております。

魅恋斗のお絵描きポエマー的魔法ショップ

みことは、いつか「ネットショップを持つこと」が密かなる夢でした!

なので、作るだけでも楽しい(゚∀゚)

SHOWROOMのラジオ配信の際などに宣伝をしていますが、今話題の「ライブコマース」をしているつもりは自分では全くありません。正直、グッズショップで凄く稼ぐ!なんていうのは奇跡でしかなく、ひとつのものを売ることだって至難の業です。

以前百貨店で某ブランドのアパレル店員をしていたので痛〜〜いほど知っていますが、百貨店の一角の目立つ場所で朝から夜までお店を開いていたって中々そんなには売れませんし、不景気になってからはレジが開かない日もありましたし、1年くらい置いてある(長期間売れない=死に筋と呼ばれる)お高い棚の帽子やカバンの埃取りをしていたりしましたから。笑笑笑。

「ひとつの絵、詩集、グッズを手にとって頂く」ということの凄さを。尊さを。みことは感じながら創作活動をしているわけなのです。

↑寝起きで描く完全にすっぴんのみことの図。(このシャーペン地味に気に入っています)

…とにかく

「みことのキャラクターを気に入ってくださった方へ」

「本当にカワイイと思って」

「カワイイ!届くのが楽しみだ!」

という気持ちで手にしてほしい!みことの気持ちを届けたい!!!

…これが本音です。

創作活動をはじめてから「プチブランド的なキャラクターを描くことをしたい」と思うようになりました。

グッズは「みことの絵と詩集の分身」なので「アートグッズ」という分類になります。

pixivさんは漫画中心ですが、そのへんは臨機応変に壁を建てずにイラスト、アート、漫画、SHOWROOMアバター、デザインなど、手に取って頂きやすい良い形で馴染ませていければなと考えています♪

近頃はグッズに興味を持って頂けること、お問い合わせも増えてきて幸せを感じています。

【無理のない低価格帯(でもアートブランド的なものは含ませる)〜未来には本格的なキャンバスの高額の絵まで描けるアーティストになる】ことがみことの夢。

「お金ないけど心に響いたから絵を買いますよ」的に言ってくださった方も過去にはいるのです。(その他、SHOWROOMなどでもたくさんの方に日々良くして頂いていますが(´;ω;`)♡)

そういうときには食費削ってくれたのかな?とか考えますし(笑)、そういう気持ちを私は忘れませんし、そのお返しとして、一枚の絵、一冊の本にある価値を更に上げて行きたいです。

あの人の絵いつかほしいな、を、「手に取ってみよう」に変えやすいのが身につけやすいポップな役割のグッズかなと思っています。

ので、今後も楽しくグッズを作り、オーダーを描きます(๑•̀ㅂ•́)و✧

みことの応援、感謝します。

みことが「笑わぬ病」にかかっていた話。※一つ前の記事の追記です。

Instagramから一部転載します。

ちょっと写メがブレましたが。笑。
私、今日もまた「何故自分がバイト先でミスをしたか?」「自分らしくなかったか?」をしつこく考えたんです。(無駄なマニア)

そしたら私、この一ヶ月「現実世界ではほとんど笑っていなかった」んですね!

創作活動はいつも楽しすぎてSHOWROOMでも芸術についてお話したりする一方で、現実世界では敢えて心を閉ざしていたんです。

だって「私が黙っていれば周りの人は優しい」から。「創作活動では超絶ワガママで周りからも認めてもらったり支えてもらったりばかりだから、せめてアルバイト先では周囲に合わせよう!」と思ったんです。

…それが全くうまくいきませんでした。合わせるどころかいつもは何ともないのに多大なる迷惑をかけました。ブログにも書いたのですが、周りに気を遣って萎縮するときの私はまるでどらえもんののびたみたい。

その反動でネット上では奇抜なんですね\(^o^)/しかし本当に、人間って笑わないとダメになります!
顔の筋肉も約一ヶ月ぶりに動かしてみたらまさかの元気が違う。身体の風邪だと思っていたら心の風邪!?みたいな感じすらします。笑。

そうだった。私が描きたいキャラクターは「表情が可愛い心から愛されるようなキュートなキャラクターだった!」とも改めて思い出したんです。
無表情になると人間は生きる屍です。しかも自分では気づきませんでした(´・ω・`)

なんか変だぞ変だぞ、みたいな。完全に仕事中死んでたんですね!(*_*)笑
ミスをしたとき「ばしちゃん(みこと)はたくさん食べて笑ってるのが良いよ!」と言ってくださった方の意味が身に沁みました。

何だか今回の違和感は変だなー創作活動はめっちゃ楽しいし周りも優しいのに何かが…みたいな感じだったので。
で、私も結構多分小さなことに日々感性が傷ついてて、芸術家じみてきたかな?なんて思いました!笑笑笑。

人になんて思われようと、時には笑われようとも!元気に仕事して、更に元気増しで創作活動するぞ!とも思いました。きっと、それが真の芸術家の姿です。

笑うことって大切です。

心の平和魔法が作動しなくなっていました。私の描いた魔法使いも、何だか今は満足げな顔にみえます。笑。

なんだか、大切なことを忘れていたみことです。

詩人として、画家として。

萎縮すること、悩むこと、泣きたいこと、辛いこと。

たくさんたーくさんあります!

生身の人間ですから。

だけど私が心を閉ざしてしまったら「Peace Magic Drawing(心の平和魔法)」は作動させられない。

そして、私を応援してくださる方や支えてくださる方々にも夢や芸術を語れない!!!

最近はSHOWROOMのリスナーさんや絵をお引き取り頂いている皆さんのほうから「芸術の神さまはみことちゃんの近くにいるよ」「みことちゃんの魔法使いに出逢えて良かった」的な内容のことを言って頂けたりして感動しているのですが。

本当に有難うございます(´;ω;`)♡創作活動、感激の日々です。

笑顔を忘れず、感謝も堅実さも忘れず、芸術の心を忘れずに慈しみ、皆さんに日々キャラクターを目にして育ててもらいながら「唯一無二の芸術家」を目指します。

笑われても傷ついても良い。

きっと芸術家とはそういう生き物です!

絵のオーダー&販売数が1年10ヶ月で50件に到達しているお話。そして私はのびただというお話。

私はアートメーターというサイトで絵の販売をしています。

2016年の冬頃から「絵を売ってみよう!」と決意を決めて、2017年7月から絵を売り始めました。

↑売れた第一号の絵です。Facebookでのお友達が買ってくださいました。(ここで嬉しいことは、その方は現在でも「もうそんなに絵が売れたんだね!頑張ってね!」などと時折声を掛けてくださることです。一度仲良くなった方には今後も仲良く居てほしいと思っているので…。)

色紙にペンとマジックのみ。色さえもつけられないという状態の中「私は詩人だから、せめて感情と気持ちは伝えたい」と考えてひたすらに描きました。出てきた言葉が「夢を育てる」。

↑その他、こんなSHOWROOMからの「絆」をテーマにしたものも。

この絵をお引き取り頂いたのはSHOWROOMの私のお部屋に大貢献してくださった方で、私が公式枠へ上がれたのはこの方の存在があってこそでした。現在も仲良くして頂けてとっても嬉しいです\(^o^)/♡感謝は尽きません。

↑SHOWROOMでのアバターも6つになりました。

そして!なんと、現在SHOWROOMの配信者さん達から「アバターを描いてほしい」と3つも頼まれております。(そしてもう一つもあるかも…!)

↑リピーターのお友達さんからも飼い猫ちゃんの絵を頼まれたり。そして、また描かせて頂く予定にもなっています♪

1年10ヶ月で50件。現在50枚目に向けて創作をしている最中です。しかも、身内へ買ってもらったものも含めると60件近いと思われます。

自分でも思いますが、短期間でこれは割と凄まじい数字で…私の周囲でも中々このペースでの売上は見ない。私だけです。幸せだなと思っています。

しかし最近、アルバイト先でミスをしてしまいました…(´・ω・`)働いて5年目なのですが。それが「絵のせい。2つのことをやるからだ」みたいになると非常に悔しいです。そして逆に「絵のことは言わないほうがいいよ」も悔しいです。それなりに結果は出しているし、正直にいつも自分自身で在りたいからです。(副業解禁になったので仕事先にも公言しています)

生活も大切なので先ずはアルバイト。私は元々仕事が好きです。力仕事も好きだし、なんでもやります。しかも私は一般世間では浮いていて立ち回りも下手なので他の人よりも明らかに仕事量も多いです。

最初は仕事を一人で教える側だったのに、それもなかったことにされてミスをした今は「他の人に教えられる人ぐらいにならなきゃね!」とか言われます。「あの…初期に私が仕事の内容を考えて教えたことなんですけど…」と言ってもシカトです。世間っていうのはそんなところ。

昔のことはなかったこと\(^o^)/

良いのです。ミスは自分が悪いし、みことはひたすらにしばかれて強くなるのです。現在は周囲は優しいですが、わざと嘘をつかれて集団でミスに持っていかれそうなときもありました…(*^^*)

ぶっちゃけ、絵を描き始めてから芸術の世界では褒められてばかり。申し訳なく思います。一方、普段の仕事では良い行いをしても考えたこともひとつも褒められません。ギャップが凄く、正反対の世界です。でも私は決して自分が認められることのない俗世間の、アルバイトとの両立を選びたい。

どらえもんののびたでいいや!って思います。つまりは取り柄のないデキナイ子なのです。だけどのびたはたしかあやとりが上手いです。私はあやとりじゃなくて、絵と詩です。それだけのことです。

人間には挑戦が必要です!

だからバイトに燃えます(๑•̀ㅂ•́)و✧笑

だから私は良い絵を描くため、体力と精神力をつけて良い芸術家を目指します。意地っ張りで卑屈かもしれません。でも正直です。マニュアル通りには生きられなくとも自分の言葉と世界は持っています。

↑結局過去の私と変わっていませんが(笑)このまま生きます。

あ、そして、心理分析テストも実際にしましたが、ガチで私はのびたと同じタイプだそうです。一番数が少ない用心深いグループ。ヘタレなのです。他の人と結構違います。ちょっとショックだし、そうか、そうだなぁ、と思ったりもします。

奇抜だと言われがちな私が憧れているのは「普通の人」。

でも変人の自覚はあって、無理して変な訳ではなく素でこれだから奇抜なのが合っているんだろうな、と思ったりもします。

変人ならではの悩みもありますが…絵がお引き取り頂けるという事実と、周りの大好きな人達に心からの尊敬と感謝をしながら、私らしく進もうと思います。

いつも有難うございます!

今後も「やらかした失敗談」などもとしどし素直に書こうと思いました。

エジソンも「私は失敗したのではない。電球が光らないという発見を二万回しただけだ」みたいに言っています。本当にそれが身に沁みます。

私も思うのです。

失敗をして、人間は大きくなる。なにもしなければ失敗することすらない。それってなんてつまらない人生!

って。笑笑笑。

私は環境面もあるのでどーんと活動はせずに堅実に生きますが、根底では挑戦をしたいなって思ってもいます。

小さな地味なことを繰り返して人間は一流になる。それが職人だ。

とも思っています。

だから一流の職人魂を目指してアルバイトに励みます。フフフフ。

令和の幕開け、よりアートな日々に。

平成が終わったなんてなんだか不思議ですね。平成の終わりにテレビ出演のお話を頂けたことが良い思い出となりました。笑。

さて。みことは、これから何をするのか?どう生きようか?を試行錯誤しているのですが…まず、数年かけて、いくつかの新たな挑戦をしていきたいと思います。

amazonでの本の販売、アートメーターさんでの絵の販売、に加えて挑戦をしていきたいことは…。

①ネットショップでのグッズ販売

②良い公募展があったら出してみる

③絵のレンタルサイトがあるようなので、そちらへ自らの原画をレンタルに出してみる

ということです(๑•̀ㅂ•́)و✧

やっぱり私は「詩人と画家」として、主には家からできることをやっていきたい。バーチャルな存在ではなく勿論生身の人間だけれど、イメージを大切にしながら「自分のキャラクターと個性」を育てていきたい。=唯一無二の新世代の芸術家、を目指す。(バーチャルに近いぐらいの神秘性を目指しています。全然そんな性格ではないけど…芸術家に浮世離れ感は大切です\(^o^)/)

楽しいグッズをたくさんつくりたい!!!

個展などをするのは華やかで画家の王道の手段だとは思いますが、手間もリスクもかかります。

そして現代人は時間に追われています。私自身も中々忙しく、他の画家さん達もそうですが、見ていて制作には半端ない時間を費やしています。

一生は長いようで短い。

だからなるべくオーダーを描いたり、新たな制作に時間を宛てたいです。

お金持ちのお家などならまだしも(それでも長時間の制作は辛いので芸術の道は中々難しいとは思いますが…)、私は特に働かなくては食べてはいけないので、仕事を地味に続けながら制作に時間を宛て、自分らしく道を歩いていきたいと思っています。

でも芸術方面に行って初めて解りましたが。毎日、とにかく忙しいですね!芸能人さんとか、本格的な芸術家の方々も本当に大変だろうなと思います…。遊んでいたってその時間を作ることさえ忙しいですもんね。笑。私も若かりし頃はほぼ寝ずに、みたいな生活もありましたが…三十路になったら無理です……!\(^o^)/笑笑笑。

リクエストも兼ねて、私のシンボルマークを作りました♪↓

Peace Magic Drawing(平和魔法の描画)が、みことのコンセプト。「心の平和魔法=幸せにつながる心の作用」です。

みことは、本当は周りの友達とリアルタイムで騒ぐことも好きです。しかし、ここ最近ではそれぞれの生活スタイルもあり、仲良しの友達ともあまり会えなくなってきました(T_T)

結婚して家のことをするようになったり、それぞれの道を歩む中…私は想定外の「詩人と画家」をはじめましたが。周りからは結構驚かれていて「変わってると思ってたけど、まさか!」と言われています。笑。

ここ二年ほど、毎日毎日、創作活動ばかりして…テレビを観ている時間さえもとれなく、世間のことはまるで解らない人間になってしまいました…。(周りからの情報だったり、親しい人の趣味嗜好は取り入れるスタンス)

でも、詩人と画家として、それが幸せかなとも思います。解らないことは、周囲の方々が教えてくださるので\(^o^)/いつもKYですが有難うございます♡笑。

変人ですが、変人ではないと芸術家には向かないと思うので!笑笑笑。

海外にも、今まで有名になった画家の中にも「日曜画家」っていう部類の方々が普通にいますよね。

日頃は普通に働いて、週末や家にいる間に創作をする。みことにも、それが一番肌に合っているなって思うのです。

もしも私が本物になり得るときが来たなら、自分から無理に動くのではなく「自分に最も適した状態で、安定したスタイルの芸術家になれるだろう」と思っています。

絵を売り始めてから1年10ヶ月目。

48、49、50枚目の絵のオーダーも入っています。絵もデザインの勉強もゼロの私には、身に余る奇跡だと思います。

経験をもっと積んで!

感覚と感性を磨く!

「自分なりの思い描く本物の芸術家」を目指します。

こんな自由人の変わったみことに愛をくださる方々には感謝が尽きません。そして、私も今は制作に没頭する期間。

誰が見ても「この絵は、言葉は良い」と確信してもらえるような確固たる自分の世界を作りたい。

令和も頑張りますね♡

共感覚とみこと。

「共感覚」って聞いたことがある方も多いと思います。

たとえば

「音がする絵」

「音楽が聴こえてきそうだね」とか「光が視える」なんて方もいました。

音楽を聴きながら絵を描いていると、もりもり描けます。

今、SHOWROOMでカラオケ配信もさせて頂いているのですが…音楽は聴かないと忘れます。

「忘れること」って、悲しいかどうか?

それを私は考えたりしています。

人間は日々新たなことを覚え、そして忘れていく生き物です。

人間は脳を100%使っているわけでもなく、殆ど眠らせているわけですね。「記憶の覚えられる容量」は決まっていて、そんなに沢山は覚えきれるものではありません。

そして脳内も、人間が何故こうした生命形態を成しているのかも、結局未知数なわけです(厨二病風)。笑。

人間とは、未知数な生き物。

「これは絶対にない」など言い切れないこの地上。

↑この絵は「よく恋に落ちる、という表現を用いますが、恋愛とは、頭でするのか?心でするのか?身体でするものなのか?そして、何が【落ちている】のか?」という問い掛けをしています。

人が誰かにときめくとき、親近感を抱くとき。または反対に「違うな」とか「寄らないでおこう」と感じられてしまうとき。

それは「何で」「どこで」判断をしているのか?

周りの既成概念だけではなく、オリジナルのインスピレーションを。

私の絵にも「親近感を持ってほしい」と思っています。

私もまだまだ未熟極まりないので、今後も頑張って成長していけるように精進します(๑•̀ㅂ•́)و✧

良い意味での遊び心も忘れずに。

「心」の正体とは?

よく議題になることもありますよね。

「人間の心はどこにある?」

「頭?心臓?それとも宇宙?」

あなたはどう思いますか?

↑みことはよくこのように「顔の一部分を隠す変な角度の写メ」を使っていますが、これは私にとっての「視る心の表現方法」です。

顔の一部分を隠してみると、なんだか意味深に見えます。

不思議ですね。

考えはじめると「人間には目や鼻や口の機能がついていて謎だ」とか、色々と「人間そのものについて」が気になってきます。

そう。

「人間についてひたすらに向き合い、考えること」

私にとっては、それが「詩」なのです。

「愛は毒?」

↑このキャッチフレーズ的なものは、出版社のプロの方が考えてくださったもの。

表紙のピンク色もそうです。

色は、赤(朱)色とピンクの案が出版社から送られてきたときに、ピンクを選びましたが…

23歳の頃のみことは、

「心の痛みを熔かしだす本」を作りたかったのです。

現実は楽しいことばかりじゃありません。

「辛いことのほうが多くて」←私は正直にこのままを詩にすることも多々あります。

私の【熔解ドロップ。】の詩の中のひとつ。

こちらはかなりネガティブでひねくれた詩です。

しかし、ネガティブを乗り越えなくては進めない、誰にでもそんなときがあるでしょう。

「まじめに生きてもばかみたい」

↑当時の私の心境。「なんで自分ばっかり…」みたいなグレるとき、ありますよね?笑。

「いたみをしれば、こわくない」

↑これは「心の痛みと一生正直に付き合っていく、向き合っていくんだ」という私の決意です。

そして、右側の私の絵をみてください。

ボールペン一本で詩を表現しています。

今から十年以上前の私の絵。

指がわざと四本なんですよ。

それは、深読みしてほしいからです♫\(^o^)/

そんな訳で。

私の詩と絵は「心」が基盤になっています。

そして「心」の在り処。

「心は、どこにあるのか?」

みこと的には、自分の創作魂の中にあったり、日頃の友情や愛情の中にあると思っています。(これは抽象論であり、実際は自分というエネルギー、魂の中かも?なんて思っています。生まれ変わり、輪廻転生を信じるので。)

が、

宇宙の創造主みたいな存在しか、そんなことは到底解らないですよね。笑。

人間は生きていられる時間にも、体にも睡眠にも食事にも、色々な制限がありすぎます。

でも、だからこそ感じられるものもたくさんある。

生きているうちに、今遺しておけることを。

そう考えて、みことは今日もブログを書くのでした。

(そして、みことの創作を応援してくださる方々へ最上級の感謝を。)