みことの目標、夢

みことのこれからの「唯一無二の芸術家になる計画」。

「アートサロン絵画大賞展」にて入選を頂き、国立新美術館に2/6〜2/17(12日は休館)に展示をされることとなりましたが…

↑入選作品【「私」と「共鳴」】

私は美術に全く詳しくありません。
直筆の絵を2年半前に売り始めてから57枚もお引き取りを頂きましたが、それまでは全く絵は描きませんでした。

2008年、23歳の頃に「詩集 熔解ドロップ。」を出版し、国立国会図書館へ納本、新聞にも掲載して頂きましたが…その本にはイラストが入っています。ボールペン一本で描きました。いきなり、です。私はほぼ下書きもせずそのまま出版したのです(゚∀゚)♡

当時はお金をかけないと本は出版できませんでした。でも私は小学生の頃から詩だけは書いており「何かを表現する人」になりたかった。でも当時の私はあっけらかんと生きておりましたので(今もですが)顔も出さず、考えなしのやつでした。
なので勿論心が折れて「もういいや、芸術活動は終わりにして普通に生きよう」となっておりました。

しかしそれから9年程が経過し……近年は電子書籍が出来て、なんと無料でamazonで本が出せると知ったのです。
私はちょっとだけ悔しくなりました。
「お金を出したのに!」と。
でも、勿論、amazonでプリントオンデマンド(注文が入ったら印刷、帯なし、本としては簡易的、在庫を持たない)の形態では新聞にも載せてはもらえませんし、国立国会図書館へ納本されるということはありません。
だから同時に、出版社から本を出す、という意味の大きさも知りました。


↑帯付きの出版社から出したものと、現在のPOD本2冊。

実は絵を描き始める前、「詩集 熔解ドロップ。」の値段が高騰しました。とあるSNS上での私の爆発が原因なのですが(笑)、なんと新品800円の本が中古で2900円にまで高騰。
楽天やその他の本屋さんの在庫は全て完売、一時信じられないほどにプレミアが付きました。(しかし我が家には売れ残りの在庫が沢山あるので現在絵を買ってくださった方へおまけとしてつけていますw)

モノの価値、芸術の値段。
それは、やはり変動するものだと知りました。そして、それには「系統」があります。

「詩集 熔解ドロップ。」が最も高騰したのはメディア関連のショップでした。次いで本屋系、最も評価が低かったのは音楽系CDショップ。(そもそも何故CDショップに本があるのか謎ですが。笑)
同じ本の中古が、CDショップでは50円、メディア関連のショップでは2900円。信じられますか?私は驚きましたよ!笑笑笑。
しかし、評価とはそういうもので、とある場所では全く評価されず、逆の場所では真逆だったりします。(私は音楽が好きで音がないと人生駄目なのでCDショップは大好きですが、系統、分野が別という意味です)

今回、アートサロン絵画大賞展に入選をしました。ふと、自分の詩集のことを思い返しました。
「この絵画大賞展の系統は、なんだろう?」

調べてみました。
やはり、ありました。

まず「国立新美術館」というものは「公募展の会場」としてあり、国展、日展、二科展、などの会場に使われていると。
アートサロン絵画大賞展も二科展の審査員の方がいらっしゃるようなので、そちらの系統だと思いました。

つまりは、正統な日本の絵画展の場所です。
アートサロン絵画大賞展が、最も応募方法やその他も親切そう、と直感で思ったので私は人生で初めて絵画展というものへ応募させて頂きましたが…それでの今回の入選です。

そこで、みことの今後の目標が定まりました。

【★みことの目標】
★国立新美術館を主な展示場所とするアートサロン、日展、国展、二科展、その他同じような系統の公募に出し、入選または入賞を目指していく。そしてアーティスト、魅恋斗としての価値を高める。

そして次第に返却された入選、落選した絵なども販売して、安価〜画家としての価値が充分な高値での絵も売れる画家になることを目標とします。

★アートメーターでの販売枚数は、現在57枚です。今後、販売枚数100枚を達成して「ネット上で絵を100枚売った画家」という肩書きを持ちたい。

★SHOWROOMのイベントでナレーター、声優、デザインなどのイベントに挑戦して、価値を上げて、芸術性と表現力を高めていきたい。アバターも増やして「ネットメディアで活躍する詩人と画家」となりたいです。(詩人と画家としてまだほぼ誰もやっていない分野なので第一人者となりたい)

★自分が作った言葉「お絵描きポエマー」として知ってもらいたい。

……という夢です!!!
これから、この目標に向けて数年間進みます(๑•̀ㅂ•́)و✧

↑最近お引き取り頂いたオーダーの絵と、「一緒に買いたい」と言ってくださった色紙の絵です。

やはり私は【絵のような詩、詩のような絵】が描きたくて、「絵描きであり詩人」というポジションで生涯活動したいな、という想いが強くなってまいりました。

「本当に良い芸術性」を持ちたい。
詩人と画家として、正直でありたい。
そして、ネットメディアで色々なチャレンジをしていきたい!と思っています♪

私は本の挿絵を書いていて、絵が描きたくなりました。「絵だったら海外の人にも伝わるのではないか?」と思いました。
SHOWROOMでの配信も「お話をして私自身はこういうやつなんですよ」というのを曝け出したい!という意味合いもあります。
やはり、素性を少しは理解してもらってから絵を気に入って頂くということは、とっても良いものです(゚∀゚)♪
直に相談しながらオーダーも描けますし。

オーダーの場合は、やはり「一緒に相談をしながら思い出を作って、作品を共に練ってもらう」楽しみもあるのです。
みことは絵の技術はありませんが、独創性とコミニュケーションを取りながら、自分の世界を創るのと当時に、手に取って頂く方には「この人から買って良かった♪」と思って頂きたいのです。

そして「みことさんを応援していて良かった!」と思ってもらえるよう、今後も少しずつ経験を重ねて、芸術家としての肩書きを増やしていきたいと思います。

現在の私は日頃のアルバイトの傍ら、いわゆる「日曜画家」の部類だと思いますが、とても活動が楽しくて充実しております!

私のように、特に絵を描くのが小さい頃から特別好きだった訳でもなく、一度もなにひとつ誰にも習わずに突然絵を売り始めた、という人はあまりいないのは知っています。きっと、とても珍しい部類です。なので、自分の考えたものしか描けず、模写ができません。笑。そのぶん、オリジナリティ、独創性でカバーをしていきたいと思います!

決して無理はせず、長ーーーーくずーっと楽しく芸術活動を続けたいです。

ということで、みことの決意表明でした♪
またブログを書きます。
ブログを読んでくださっている方、応援してくださっている方へ感謝ですm(_ _)m

アートサロン絵画大賞展にて「入選」のご報告!

なんと。「アートサロン絵画大賞展」にて入選致しました!
【「私」と「共鳴」】という作品です。↓

2020年2月6日(木)〜2月17日(月)まで東京、国立新美術館(展示室1B)へ展示されます。
2020年1月31日前後の産経新聞朝刊に名前を掲載して頂ける予定。

まずは初めての公募展に絵を出し、初めての入選を頂くことができました。更に今後も頑張ってまいります。
絵の直筆通販も随時オーダーを受け付けております。目指せ販売枚数100枚(๑•̀ㅂ•́)و✧

↑こちらは入選を逃した「雨と睡蓮」というものなのですが…凝りすぎようとしてしまったのと、「なんだろうこれ?」というものを描いてしまったので、反省点を踏まえ、また同じ題材でリベンジしてみようと思います。笑。

今年はたくさんの新たなチャレンジをさせて頂き、本当に充実した一年でした。
年明けは母の乳がんの手術(無事終わりましたが再発などは恐ろしいです)などもあり、辛く悲しいこともありました。
改めて「命」や「人生」について向き合う一年でもありました。絵が入選し、美術館に展示して頂けること、本当に本当に嬉しく思います。

しかし同時に「もっとアーティストとして進まなくては。」という想いに駆られてきます。「自慢に思ってもらえる唯一無二の芸術家になること」が私の夢です。
「知る人ぞ知る」「人数は少なくとも、好きでいてもらえる人達には私の作風を最も好みに思ってもらえる」そんなレアなアーティストを目指しています。

もっと、頑張りたい!とも感じました。
年齢を重ね、来年は36歳になります。
人生経験を重ねていくことで、描けるものも変わってくる、そんな気がします。

「画家には学歴も定年も必要ありません。頑張ってください」的なことを、とある現役活動中の画家さんからメッセージを頂いたことがあります。それを現在も大切に心に留めているみことですが、老いるまでずーっと絵と詩を書けたらと思っています。

やっぱり、とにかく創作活動が好きです。
その一言です。

SHOWROOMで獲得したボイスCDも近々販売予定となっております。
そして実は現在、FMラジオのナレーターになれるイベントにも挑戦している最中です。実現されれば、凄く短い十数秒×4回ですが、みことの声が公共の電波に流れます。
来年は更に!SHOWROOMのやってみたいイベントにも挑戦してみたいな!と考えております。全ては「表現能力をつけるため」に。

またご報告します。
今年もお世話になりました。
良いお年をお迎えください。
来年もみことを宜しくお願い申し上げます。

初めての声優経験で勉強になったこと。

SHOWROOMのイベント2位を取らせて頂き、3つのショート台本を読み、録音をしました。(選ばれるのはそのうち2つ)

今回、初めてのことで凄く勉強になりました。とにかく「詩人と画家として表現力を上げるために経験を積みたい」と思いました。

台本のセリフ。

1つ目は「デートを渋る干物な彼女役(かなりお得な役)」

2つ目は「風邪をひいた母親にゴハンを作る思春期の男の子役」

3つ目は「アルツハイマーになった旦那さんへ愛を伝える妻役」

でした。

特に3つ目のセリフが考えさせられることが多くて、読み込まなかった最初は「不倫めいた関係だけど実は夫婦でツンデレの奥さんの役」だと思っていたのですが、どうやらもっと深い内容でした。

私は、もし大事な人がアルツハイマーになったら…「この世への憎悪、医療への憎しみ、何もできない自分への悔しさ、妻の存在も解らなくなった旦那さんへのどうしようもない気持ち」など…一括りに「愛情」といっても、とても表現できるものではないかも、と思いました。だから、泣きながら録音をしてみました。(もし解釈が違ってても泣かずにはいられなかった…旦那さんが奥さんのことを忘れてるのに指輪を握って離さないあたり)

「諦めの虚無感の中の、遠い記憶を手繰り寄せての愛情が着地点かな」と、私は感じました。でも、若かりし頃から愛し合っていたご夫婦の内容で…何だか人生観の勉強になったのと、アルツハイマーに気をつけようとも思いました。笑。万が一ボケても、私も大切な人とものは忘れたくない!笑笑笑。

私は今まで声優の経験は勿論ないですし、こんな経験をさせて頂けるとは思ってもみませんでした。でも、いざやってみると「声優さんって本当にスゴイわ…」と思うばかり。私はド素人なので、未熟極まりないのは仕方がないことです。でも、折角ボイスCDという形で、しかも販売をしてもらうので「現在の偽りない自分を全力で出そう!」と思って臨みました。

「声で伝える」ということの難しさと深さを知って、女優さんや俳優さん、舞台役者さん、歌手の人達もスゴイんだなぁ…と、改めて感じました!

周りからは「声のトレーニングしてから!」と言われましたが\(^o^)/エセ声優としてですが…また…このような機会があったら実践させて頂きながら挑戦してみたいかも?と考えたりもしています…。

「唯一無二の芸術家になる」が私の目標なので!芸術関連はひとつに繋がると信じて、今後も色々なことを考え、吸収して、実践しながら成長していけたらと思っています。

視える景色も近頃は若い頃と違って、落ち着いた面もあります。20代の頃だったらもっとバタバタ無謀なこともやってしまったかもしれません。(今も結構無謀ですが(゚∀゚)笑)

現在も至らないですが、腰を据えて「良い歳の重ね方をしていきたい」と考えるばかりです。

周りの方々から励まして頂いたり、人生観のお勉強をさせて頂いたり。私の描く芸術の世界が年代を問わず、自然な形で「いいね!」と言ってもらえるように。

そして、この先、何歳になっても「あなたにはあなたの世界が最高に似合っているね」と言われるような詩人と画家でいたいな、と思います。

世界でひとつのみことの世界をつくること。そして、他の分野の芸術についても少しずつお勉強していって、自分の創作に取り入れること。これを目標にしていきます。

イベントが終わってから直ぐに、現在頂いている絵のオーダー2件に取り掛かれることも、最高の奇跡だと思っています!

今後もみことを宜しくお願い申し上げます。

2019年、思わぬみことの声優体験のご報告でした。

ドラマCDの完成も楽しみに来年を迎えようと思います♪

アーティストとしての「誠実さ」とは?

「魅恋斗」としてネット上で活動をするにあたり、自分自身にひとつだけ誓っていることがあります。それは【絶対に無理をしないこと】です。

よく寝る。
よく食べる。
まあまあよく働く。
一般的な感覚の普通の人生を生きる。
自分の変人な一面は創作へと昇華させる。
よく笑う。
よく描く。
よく妄想する。
芸術全般を愛する心をいつも持つ。
とにかく自然体で生きる。
これが私の芸術家としての自分の理想像だからです。そして、それはリアルの社会でも同じ。【絶対に無理はしません】。

活動を始めてから、私は出来るだけ「有言実行」を目指しています。やむなく出来ない場合は代替え案を差し替えるようにしていて「理由」を記すようにもしています。自分自身が頑固者で納得しないからです!!!(# ゚Д゚){ゴルァ

まずは感情よりも【理論】です。多分私は男脳なのです。笑。

…いえ、「感情を何よりも大事にしたいからこそ、まずは理論」と言っておきます。

詩人と画家として進むにはまず描くこと、続けることが大切です。
とにかく描かないことには「絵描き」ではなくなってしまいます。でも、時間は有限です。

社会人の画家さん達も多くいらっしゃるのでお解りかと思いますが「日々集中して創作に費やせるのは2時間そこそこ(みたいな説が多い)」ですね。あとは週末やら時間を見てやるしかありません。
どうやらプロ、アマチュア関係なく、創作時間の問題は生涯付きまとうようです(´;ω;`)

描き続けるには一度や二度がどうの、ではなく、日々のエネルギーが必要です!
私は「できないことはやらない(無理のある活動はしない)」と本当にガッチリと、はっきりと決めています。
それが「アーティストとして生きていきたいと願うみこととしての誠実さ」だからです。

できないことを簡単に「できます」なんて言ったら不誠実になってはしまわないでしょうか?
無理な活動は結果として不誠実に繋がると思います。だから無理はしないです。
こんな時代ですから、中身も内容も直ぐにバレます。剥がれます。
「あいつはウソツキだ」とか「あいつは信用ならない」なんて、直ぐです。
ネットもリアルも一緒です。

続けるうちにメンタル、作風共々進化をしていきたい。そして何よりも無理なく活動を続けていきたい。それが絵を手にしてくださった方々への一番のお返しになると信じています。
リアルでもネットでも、基本的には自分の気持ちには嘘はつきません。本当に直ぐに偽る気持ちはバレてしまいますからね。
そして言葉よりも早く、きっと作風や活動状況に出ます。
アーティストは正直で在りたい。

みことが、このブログサイト(魅恋斗のお絵描きポエマー的メンタルオーダー)を作ったのも、自分の気持ちを正直に記していくためです。
いずれは本に纏めるつもりでおります。

私は割と「変えること」が嫌いです。
趣味も、生き方も、言ったことも一貫していたいです。それが職人の道だと信じております。
みことが変えるときは「理屈、理論に心から納得したとき」です。多分他の人よりも、凄く理由を欲しがります。
理由がなければ感情も定まらない、と感じるからです。

例えば「愛する人を何故こんなに愛おしく思うのか?」それにも明確な理由がありますよね?
「よく解らないけどこうかも」「感覚が合うから」「価値観が合うから」「言葉にはできないけどなんとなく」その全てが実は理由です。
この広い地球上でその人ではないとダメな理由。その人を選んだ理由。
そのたった一人の人を好きな理由。
それはこの世で最も尊い理由です。
その理由は、この世で最も尊い感情をもたらします。
心も体も頭も精神も全部は理由と役割を持っています。それによって人間は生かされています。
みことはそう考えます。
それを【Peace Magic Drawing(平和魔法の描画)】と名付けました。

至らない点は多々あり、言いたいことは言ってしまうことがありますが、それは不誠実ではいたくないからです。
詩人として、自分の言葉は貫きたいと思います。

頑固者ですが、自分なりの「唯一無二の芸術家」をこれからも目指します。
先ずはネット上でやれることを全てやってみたいと思っています(๑•̀ㅂ•́)و✧そして何よりも楽しく活動をして、みことの活動内容や創作を楽しんで頂きたい。

宜しくお願い申し上げます。

SHOWROOMイベント有難うございました!

「目標70万pt達成」!!!
200ルーム中7ルームに入ることが出来ました。またひとつ奇跡を頂いた気分です。

お化粧ノリが悪い瞬間を激写!(笑)

そして、またひとつ絵をお引き取り頂きました。

↑こちらは、昔飼っていたゴールデンレトリバーを…ということでオーダーを頂いたのですがめちゃめちゃ喜んで頂き、本当に光栄です。【大切な思い出をオーダーとして形にする】ということは、こんなにも嬉しいことなんだな、と再認識しました。

やっぱり【絵を描く】ということは【思い出や想いの共有】であると私は思います。
無名の私が突然絵を描き始めてから2年と少しが経ちましたが、リアルのお知り合いも含めると60枚もの絵をお引き取り頂きました。

みことは、自分に無理のある活動はしません。できないな、と思うことはしません。(公募はチャレンジなので出すこと、描くことに重点を置いて別として)
地に足をつけて、現在の自分が描きながら、絵を売りながら成長を重ねるために。

①絵の販売枚数100枚を目指す
②形にできるものは全て本にする
③無理のない活動=ネット上での活動なので、SHOWROOMやSNSを通じて気持ちのやりとりを心掛ける

これを基本にやっていきたいです。
やはり、長く活動をやろうとすると、無駄にバカ正直な私の場合、気持ちに無理はできません。インターネットは昔からとても好きなので(なんというか元々がオタク気質のため)これならやれる!ということは全て、楽しみながらやっていきたい。そして「面白いな!」と思ってもらいたいです。

値段にかかわらず、絵はそんなに売れるものではないこと、解っています。
一枚の絵が売れる価値はどれだけ高いのか、それも解っているつもりです。
そして、一枚の絵を、一冊の詩集を「買ってもらった人の気持ち」に寄り添えるように。
そんな詩人と画家でいたいです。

言葉で伝えることの大切さと難しさ。

創作活動を始めてから「私は何故こんなこと(初めての絵描き、詩人として復活、思いもよらずの配信)を始めたのだろう?」と考えることが多々あります。

こうしてブログに想いを書くことも活動のひとつです。
このブログが良いものに育ったら、いずれはこのブログから本格的に絵を購入してもらえるようにしたり、もう少しコンテンツを充実させたりと、色々と考えています。
でも、時折更新するこのブログにはまだ魅力が足りません。

毎日SHOWROOMにて配信をしていなければ(または配信を月一などにしたら)、私はブログメインで活動をしていくと思います。が、結局は配信で「口で喋るほうが早い」のです。
でも、こうしてブログで記しておけば、いつでも私の言葉の温度や感情を読み返してもらうことができます。

私が「本が書きたいな」と思ったとき。
感じたことはそれでした。
「読んでもらう人の人生の時間に合わせて、私の言葉の温度や感情が伝わればいい。何か感じてもらえたら最高だ」と。
↑中高生のとき以来、眠っていたアコースティックギターにペイントをしてみたくなりました。そして弾き語りをしてみたくなりました。2年先ぐらいを目処に、SHOWROOMでやってみようと思い立ちました。

毎日の配信では「感情を伝える練習」と「みことの好きなものを知ってもらって世界観を伝える」、「みことのイメージを固める」にチャレンジしています。

日本語はこの国の誰もが喋ります。幼い頃から絵も作文も描きますよね。それなのに、いや、それだから、言葉は難しいのです。
人間は言葉で生きもするし死にもします。運命だって左右されますね。
だからこそ大切にしたいですが、大切にするあまり堅苦しいのも私の性には合いません。ので、やはり自分らしさを忘れず!
創作活動をしていきたいと思います。

そして…このブログが育ったときは。
ブログ本的なものを出してみたいなーとも。
現代は無料で本が作れますからね。
ひとつ、詩をつけた画集を作ること。
ふたつ、みことの生き方や考え方を纏めた本をいつか作ること。
これも目標です。

詩人と画家として生きることは、メンタル面でも進んでいかなくてはいけないと思います。だからこのブログ名を「メンタルオーダー」としました。

自分らしさを忘れず活動頑張ります♪
SHOWROOM、SNSでの日々の応援有難うございますm(_ _)m

「これからのみこと」。

SHOWROOMのまいにち配信は400日を越えました。

「私はこれからどうしたいのだろう?」と考えるとき「応援してもらっている人達に自慢に思ってもらえるアーティストに成長したい(または成長しようとする姿を見せたい)」という想いが芽生えました。

イベントにて獲得したマグネットステッカーになる予定のイラスト。1枚目↓

2枚目↓

私自身をデフォルメしたものと、ギャグで「MKT48」です!笑。

まだまだやりたいことがあります。今後の展開をお楽しみにしてもらえるアーティストを目指します(๑•̀ㅂ•́)و✧

ので!!!

これからも宜しくお願いします♡

(新たなオーダー2件、アバター2件、チャレンジ2件!充実の創作活動!これから2ヶ月かけて色々と頑張ります\(^o^)/)

7/1〜SHOWROOMイベントに出ます!そして2020年の目標。

いつも応援有難うございます。

Twitter、Instagram、このブログなど「見てますよ」的な反応を結構頂けていて、サイトを作ってみて良かったなーというのがみことの感想です٩(๑òωó๑)۶

みことは、来月の2019月7月19日で35歳を迎えます。まさか、絵を描いて売らせて頂いているなんて…2年前までは考えもしませんでした。人生って本当に不思議ですね。

2008年の2月に詩集を出版しましたが、当時「取り敢えず詩集を一冊出してみたい」以外には何もありませんでした。先の目標が。だから活動をせずにフェードアウトしてしまいました。

現在、時が経って思うこと。それは「何事も続けることが大切」ということ。そして実はそれが最も困難を極めるということ。

私はそれを痛感しながら「やっぱり自然体じゃないと創作活動は続かないし続けられたもんじゃない」と思っています。

絵を売り始めてから来月で2年。

SHOWROOMの「まいにちアイドル!」365日記念も来月7月1日に迎える予定です。

SHOWROOM公式枠に移行してから1年……早かったというか、とっても不思議な感覚です(゚∀゚){ほえー

で!折角お誕生日も来るし、1年記念なのでSHOWROOMのイベントに出てみることにしました♡

じゃじゃーーーーん!!!

↑こちらのイベント!

「50万pt達成できたらオリジナルマグネットシール10枚プレゼント!」というもの。

もしこれが達成できたら「イベント達成記念特別企画!みことの絵、500円〜1500円!+マグネットシールプレゼント!完全数量限定!早いもの勝ち!」というスペシャルな面白企画をやってみたいと思います\(^o^)/♡密かにやってみたかったんです♡♡♡笑笑笑。

楽しい企画のためにお誕生日を挟んでのイベント頑張りますので応援宜しくお願い申し上げますm(_ _)m♪

そしてーー!

もうひとつ。

みことは2020年の目標を定めました。

お知り合いの画家さんから「みことさんも一緒に二科展に出してみない?」というお誘いを頂いたので…今年は準備も無理そうなので、来年二科展に挑戦します!

みことはまだ大きいキャンバスに一度も絵を描いてみたことがありません。なので、まずはその二科展用で初めての大きいキャンバスの絵へチャレンジをしてみたいです。

↑まだこのサイズしかキャンバスへの経験なし。

紙の作品のオーダーを描き続けてきて、もう直ぐアートメーターさんでの販売枚数はなんと50枚を迎えます。本当に有難いことです。

だからこそ、もう一段階ステップアップをしたいなと思いました。

画家活動3年目に突入します。

私は一生絵と詩を描いていたいし、死後の世界でも創作していたいし(笑)、生まれ変わっても描き続けたいです。不思議と、自然な気持ちでそう思うようになりました。

先日SHOWROOMの配信中にもお話をしたのですが「40枚目の絵を売りに出した辺りから、何だか筆先やペン先の感覚や勘が変わってきました」と伝えました。

「絵が知っているな」とか「絵から私に訴えてくるな」と感じるようになった、のが最近の変化です。描いているうちに、解ってくるのです。とても不思議。

でもそれをお話したら私の成長を一緒に喜んでくださる方々がいて、これからも応援するよ!とか、SHOWROOMももっとこの部屋を広めよう!とか…日々嬉しいお声掛けをして頂いて、みことは幸せであります。

私もこんな時代だからこそ、辛いときは辛いんです、悲しいんです、って言うし、嬉しいときは本当に心から感謝を伝えます。それが芸術家としてのみことの在るべき姿だと確信しているからです。

私が目指すものは「絵のような詩、詩のような絵」であり「心の平和魔法=その人の正直な自然体の心地好さを引き出せるような創作、心の支えになるような世界観」です。

↑こちらはもうすぐ旅立つ予定のオーダー。春夏秋冬をテーマにしていて、右下の雪だるまは「冬でも秋でも春に変える溶けない雪だるま」を描いています。

夢のない暗い時代だからこそ、私自身が夢を描きたい、という気持ちもあります。笑。

今後も素敵な出逢いや友情を大切にしながら、詩人と画家活動を頑張ってまいります!