地球上のおもしろいこと

詩人=「ポエマー」は偽りかどうか?

Twitterでとても面白い方を見つけました!

【「ポエマー」というのは造語であり「ポエット」というのが本来の正しい使い方、というのを周知させたい】というアカウントです。

実は私もそれは常々思っていて「自分だけの肩書きを示す言葉を作ろう!」と思ったときに【お絵描きポエマー】にしようか【お絵描きポエット】にしようか悩みました。笑。

私が「お絵描きポエマー、みことです!」と言っている理由は

◆「お絵描きポエマー」という言葉は日本では私以外に使っていない(検索で一番上に出る)

◆「ポエット」だと日本人には馴染みがない

という理由からです。

Instagramでは海外の方が多いので「Poet」と表記したり「Japanese poet←使い方は合っているかちょっと不明」と書いて交流をしたりしています。

宮沢賢治さんも「ポエムという響きを嫌った」という説もあると何処かで見た気がします。宮沢賢治さんの詩集、私も以前持っていましたが(部屋で紛失。笑)自らの詩集のことを「心象表現」みたいに呼んでいますね。

そう。詩とは。「心の中をそのまま表現すること」なのです。

私も少し前までは「ポエムって響きはダサくて嫌だな…」と思っておりました。だから「抽象表現的現実文章」みたいなことを言っていましたが、やはり年齢が増してくると「変にこだわることのほうがダサいかも!」と考えるようになり「ポエマーってなんか楽しい響きじゃん」となり…【お絵描きポエマー】となったのです。

私も本当の意味での詩人になってみたいものです。

【絵のような詩、詩のような絵】。これが私の目指すものです。つまりはぱっと見て「感覚で感じてほしい私の心」みたいな感じです。

やはり「何故人間には芸術作品が必要か?」と考えてみると「心の問題」なのですよね。

目で視ているけれど、結局は「心の眼」を使って、もしくは身体全体で芸術作品を感じて視ているのです。みことはそう思っています。

私も今後もお絵描きポエマーとして「心に響くもの」を目指して創作活動頑張ります(๑•̀ㅂ•́)و✧

※そして、もし「魅恋斗(みこと)」の名前を忘れても「お絵描きポエマー」という用語は忘れないでいてもらえるように…という想いを込めての名称です。結局は私に繋がるので。この先、何年か何十年かかけて「お絵描きポエマー」という名称も広まったら良いなと思っています♡

絵文字やジェスチャーで心は通じる!

ブログサイトの諸々に悪戦苦闘しております、みことです(゚∀゚)

まだ今後も追加したいコンテンツが多くて(私のプロフィールやらやって来たことなど)もっとモリモリ楽しんでもらえるように、今後ずっと試行錯誤していきたいと思っています!٩(๑òωó๑)۶♡

そして、みことはFacebook、Instagramなどをやっている訳なのですが。

別の国の言葉でコメントをくださる方が結構いらっしゃいます♫

英語やらその他の国の言語は全くわかりませんが(詩人のくせに日本語すらも怪しい…笑)現代は翻訳機能があって便利ですね〜(●´ω`●)

今日も、海外の画家の方からこんな嬉しいコメントが届いていました♡(「Thank you dear my friend」と返しましたが

国境を超えて想いは通じます(๑˙❥˙๑)♡

創作活動を日々やっていて、勿論不安になること、「これで良いのかな?」と考えることもあります。

でもそんなとき、FBやインスタなどで、一言のコメントに勇気づけられることも多々あります。

…不思議なもので。

私が創作活動を再開したとき、フォロワーさんは日本の方よりも海外の方が多かったのです。

Facebookの更新やSHOWROOMの配信などで今は半々ぐらいかな?と思いますが…それ以上に海外の方もたくさんいます。

SNS上ではあるけれど、

「海外の画家さん達に一瞬でも自分の絵を目に留めてもらえる」

それは画家としての最高の役得だ!!!♡♡♡

…と最近つくづく実感しております(*´ڡ`●)てへぺろ。

うちのらびたの写真を載せると、アメリカの少年から「僕はあなたの家の彼(うさぎ)を気にしてしまう」という旨の嬉しいコメントもあったりして、やっぱりSNSは「コメントありき」「相互コミュニケーションの場」だなー、なんて考えてもいます。

↑うちのらびたくん。(もうすぐ5歳)

そして、今お話した「アメリカの少年」についてはまた後日ブログにしたためたいと思います。

私はSNS上で、彼からとある心情を打ち明けられたのです。それは、とても心打たれる内容でした。

人間って、世界中にはたくさんいますね。

だけど、心に遺る人や、そういう人に出逢う確率ってとっても少ないですよね。

…「当たり前のこと」。

そして、誰もが自分の人生を日々生きている。

それが、当たり前のこと。

それが哀しいのかわくわくするのか、そんなものだと諦めるのか。

その感じ方も、それぞれのこと。

「当たり前」とは?

海外の画家さん達とSNSで触れ合ったりもする中で、みことも深く考えるところがあります。

世界って広いなー(゚∀゚)

知らない国、知らない人だらけ。

国内では何気ないことでも、世界の誰かから見たら、私は「日本人のアーティストのひとり」になれる。

「珍しい日本人」として認識される。

それって本当に不思議だし、夢のあることですね٩(๑òωó๑)۶【役得】